ハイドロキノン デメリット

シミ取り効果が高くて話題のハイドロキノンですがメリットはもちろん、デメリットもあることは知っていましたか?
MENU

ハイドロキノンのメリット&デメリット?

ハイドロキノンのメリット&デメリット?

一般的な化粧品に入っている美白成分って「今あるシミ」を消す力はないってご存知ですか?

 

 

「え?でもシミに効くって書いてあるよね?」

 

 

パッケージをよく見てください。

 

シミに効くんじゃなくて、

 

 

 

「メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ」

 

 

 

って書いてませんか?

 

シミを消してくれる成分が入った化粧品なんてほとんど無いに等しいんですよ。

 

 

 

でも!

 

中には「シミを消すことのできる成分」もあるんです。

 

その数少ない「シミを消すことのできる成分」が

 

 

 

 

「ハイドロキノン」

 

 

 

 

あんまり有名じゃないですよね。理由は単純なんですが、ハイドロキノンは日本の化粧品にはあまり配合されていないからなんです。

 

なぜならハイドロキノンって他の美白成分に比べて少なからずデメリットもあるからなんですよ。

 

ここでは、ハイドロキノンのメリットとデメリットを取り上げたいと思います。

 

 

 

 

ハイドロキノンのメリット?

 

ハイドロキノンのメリット&デメリット?

ハイドロキノンとはイチゴとかコーヒーにも含まれる天然の成分。

 

美白効果が高く、「アメリカでは最もポピュラーな美白成分」のひとつとして化粧品に配合されています。

 

通常の「美白成分」って今あるシミを薄くするんじゃなくて「これからできるシミ」をできないようにするものがほとんど。だから「今あるシミ」は肌のターンオーバーで剥がれるのを待つだけ。

 

シミって根深くて、剥がれても剥がれても下からどんどん出てくるんですよ。だから「通常の美白成分」が入った化粧品を使ってもシミが無くなるのに時間がかかるんですね。

 

ところが・・・

 

 

「ハイドロキノンは今できてしまっているシミを薄くすることができる成分なんです!」

 

 

その秘密はハイドロキノンが持つ「還元作用」です。

 

 

つまり濃くなってしまったシミの色を還元作用で薄くするんですね。

 

しかも他の美白成分と一緒で、これからできるシミのもとである「メラニン」の生成も抑えてくれるんですよ。

 

「シミ」と「シミのもと」にダブルで働きかけてくれるすごい成分なんです!

 

ゆえにハイドロキノンは「肌の漂白剤」って呼ばれているんですよ。

 

 

 

 

ハイドロキノンのデメリット?

 

ハイドロキノンのメリット&デメリット?

「何?とんでもなくすごい成分!」

 

 

って感じですよね。

 

でも日本の化粧品にあまり使われていないのはそれなりに理由があります。

 

 

 

<炎症の可能性>

 

まずは「ハイドロキノンはかなり強い成分」だということ。

 

お肌に合わなかったり、お肌の弱い人が使うと炎症を起こす可能性があります。

 

 

<安定性が悪い>

 

またハイドロキノンは「安定性」が悪く酸化しやすい成分。すぐに酸化して茶色くなってしまいます。

 

酸化した際にできる「ベンゾキノン」という成分は、お肌には刺激が強く炎症の原因に。

 

 

<紫外線に注意が必要>

 

ハイドロキノン配合の化粧品を使っている間は、紫外線に一層注意を払わなければいけません!

 

ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまうんです。

 

 

<白斑の可能性>

 

またハイドロキノンの配合濃度が高すぎたり、試用期間が長すぎると「白斑」がでる可能性があると言われています。

 

 

<濃度に注意>

 

配合濃度が高くなればなるほど炎症を起こしてしまう可能性も高くなるんですよ。ただ濃度が低ければ効果も低くなってしまいます。

 

 

 

 

じゃあやっぱり、ハイドロキノンは使わないほうがいいの?

 

ハイドロキノンのメリット&デメリット?

美白効果の高さに比べ、日本の化粧品にあまり使われていない理由はわかっていただけたと思います。

 

 

「ハイドロキノンはやっぱり使わないほうがいいの?」

 

 

いえいえ、そういうわけではありません。

 

低濃度でありながら浸透力の高い製品を使えば、安全に美白ができますのでご安心ください!

 

取り扱いには注意しなければいけない成分ですが、ちゃんと使えばこんなに素晴らしい成分はないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ