ビーグレンホワイトケア 副作用

ビーグレンホワイトケアに副作用の心配はないの?どんな症状が現れるの?
MENU

ビーグレンホワイトケアに副作用の心配はないの?

ビーグレンホワイトケアに副作用の心配はないの?

ビーグレンの「ホワイトケア」ってすごく人気ですが、やっぱり気になるのは副作用。

 

っていうのも、ホワイトケアの製品には「ハイドロキノン」が使われているからなんです。

 

ハイドロキノンを使った化粧品は濃度によっては刺激が強く、炎症などの副作用も噂されていますよね。

 

ビーグレンのホワイトケアには副作用の心配があるんでしょうか?

 

 

 

ハイドロキノンってどんな成分?

 

ビーグレンホワイトケアに副作用の心配はないの?

ハイドロキノンといえば、「お肌の漂白剤」と言われるくらい美白力の強い成分。

 

その分刺激も強く、濃度によっては炎症を起こしてしまう可能性があり、一般的には濃度が高くなればなるほど副作用が出る確率が高くなるといわれています。

 

 

一般的な化粧品に配合されているハイドロキノンの配合濃度は大体1〜3パーセント。

 

濃度が1?3パーセントくらいなら比較的刺激も少ないためです。

 

ですが濃度が低い分、美白の効果は弱く、効果が現れるまでに時間がかかってしまうのも事実。

 

安全性をとって濃度の低い製品を使うか、即効性を求めて濃度の高い製品を使うか、という問題なんですね。

 

 

ではビーグレンのホワイトケアはというと・・・

 

 

 

ビーグレンのホワイトケアの副作用について

 

ビーグレンホワイトケアに副作用の心配はないの?

ビーグレンのホワイトケアの商品でハイドロキノンが配合されているのは「QuSomeホワイトクリーム1.9」ですね。

 

ハイドロキノンの濃度は約2パーセントと、あまり濃い濃度ではありませんね。

 

そういった意味では副作用の心配は低い製品です。

 

 

「でも濃度が低くて安全なのはいいけど、効果が弱いなら意味ないでしょ・・・」

 

 

ちょっと待って下さい!

 

実は濃度はたったの2%なんですが、ビーグレンの製品に限っては

 

 

「低濃度=効果が弱いとはならないんです!」

 

 

というのもビーグレンは「独自の浸透技術」を持っている化粧品メーカー。

 

その技術というのが国際特許をとっている「QuSome(キューソーム)」で、ハイドロキノンを「キューソームカプセル」に包み込んでお肌に浸透させるというすごい技術なんです。

 

 

ハイドロキノンって実はすごく浸透力の弱い成分。

 

ですから濃度がいくら高くてもお肌に刺激を与えるだけで浸透していない場合もあるんです。

 

どれだけ優秀な成分でも、お肌内部まで浸透しなければ効果を発揮できません。

 

 

ビーグレンのハイドロキノンはこの浸透技術のおかげでお肌内部までしっかりと浸透。

 

そのため濃度とは関係なく、ハイドロキノンの効果を発揮することができるんですね。

 

ですから本当に大切なのは、

 

 

「濃度よりも浸透技術」

 

 

なんですよ。

 

ビーグレンのハイドロキノンは比較的お肌に優しい濃度でありながら、その浸透技術のおかげで効果にも定評があるんですね。

 

 

 

ビーグレンのホワイトケアは、低濃度のハイドロキノン配合製品。

 

ですから副作用の心配は比較的少ないですよね。

 

 

ですが、もともとお肌に合わない場合やお肌の弱い人が使った場合は別。

 

低い濃度でも炎症を起こしてしまう可能性はあります。

 

ビーグレンのホワイトケアには「トライアルキット」が用意されていますので、心配な方はまずはトライアルキットでパッチテストをするのが一番ですね。

 

 

 

このページの先頭へ