ニキビ跡 赤み メイク

ニキビ跡や赤みがあるとどうしても気になったりして厚化粧をしてしまいがち・・・悪化しないためのメイク術をまとめてみました!
MENU

ニキビ跡と赤みをカバーするメイク術【まとめ】

ニキビ跡と赤みをカバーするメイク術【まとめ】

 

 

毎日メイクをしなければならない女性は多いかと言えます。

 

ただ、日々のストレスなどでニキビが出来てしまったり、ニキビ跡や赤みが気になる人も多いでしょう。

 

肌にニキビ跡や赤みがあるとどうしても気になったり、それを厚化粧で隠そうとする人もいます。ただ、厚化粧をするとさらにニキビが悪化したり、肌荒れの原因となることもあります。

 

また、厚化粧をしている、というのが周囲に分かり、恥ずかしい思いをすることもあります。そのため、きちんとしたメイク術を知っておくことが重要です。

 

 

ニキビ跡と赤みをカバーするためには、まずはカラーコントロール機能のある下地を使用しましょう。

 

下地にはイエローやグリーン、ピンクといったさまざまな色があるので、自分の肌の色や状態に合わせて使い分けることが大切です。

 

また、部分的に赤みのある人はそこの部分にだけ塗るようにし、全体的に顔が赤いと言う人は頬などの赤みの強いところから広げるようにして塗ることで自然な肌の色になります。

 

 

下地を塗ったあとはコンシーラーを使うと良いです。

 

コンシーラーは伸ばすように使うのではなく、ニキビ跡の部分に軽くなじませるように指で塗ります。

 

ここで使うコンシーラーの色は普段使っているファンデーションの色よりもワントーン暗めの色を使うと自然に仕上げることが出来ます。

 

 

ファンデーションを塗るときは、スポンジを抑えるようにして乗せましょう。

 

ニキビ跡を消そうとして厚く塗りすぎると不自然になってしまいます。あまり厚化粧をすると、この人は肌が汚いから厚塗りをしているんだな、という印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

 

ニキビ跡や赤みをカバーするためのメイク術はこういった形になりますが、メイクというのは肌に負担を掛けてしまうものです。

 

メイクをする前にはしっかりと肌を清潔な状態にし、保湿をしてから取り掛かることが大切です。

 

また、寝る前などにはメイクをしっかりと落とすことで肌荒れやニキビを防いでくれるので忘れずに行なうようにしましょう。

 

 

このページの先頭へ