ビーグレンホワイトケア 使い方

お世辞にもお安いとは言えないビーグレンのホワイトケア製品。せっかく買うなら効果的に使いたいですよね。 効果的に使う方法をまとめましたので ぜひ参考にしてください!
MENU

ビーグレンホワイトケアの効果的な使い方【まとめ】

ビーグレンホワイトケアの効果的な使い方【まとめ】

 

 

 

お世辞にもお安いとは言えないビーグレンのホワイトケア製品。

 

せっかく買うなら効果的に使いたいですよね。

 

効果的に使う方法をまとめましたのでぜひ参考にしてください!

 

 

 

ビーグレンのホワイトケアの製品一覧と基本の使い方

 

 

ビーグレンのホワイトケアプログラムは

 

 

  1. クレイウォッシュ(洗顔料)
  2. QuSomeホワイトローション(化粧水)
  3. Cセラム(美容液)
  4. QuSomeホワイトクリーム1.9(美白クリーム)
  5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

 

 

の5商品。基本の使い方は1?5の順番に使うだけです。

 

 

 

 

効果的な使い方って?

 

ビーグレンホワイトケアの効果的な使い方【まとめ】

ぶっちゃけて言いますと、ビーグレンの商品の効果的な使い方は・・・

 

 

「ビーグレンの推奨する使い方が効果的」

 

 

通常「化粧水をたくさん使ったほうがいい」とか「クリームは少し多めで」とかいう方法が提案出来るんですよ。

 

っていうのも、化粧品メーカーによっては

 

 

「成分はいいんだけど浸透力がちょっと・・・」

 

 

っていうことがあるんですね。

 

ですから浸透力を補うために重ね塗りをおすすめしたりしてるんです。

 

ですがビーグレンの場合、

 

 

「ビーグレン独自の浸透テクノロジー」

 

 

これが素晴らしく、量を多く使う必要はないんです。

 

だから、ビーグレンの提案する使い方と分量を守るのが「経済的かつ効果的」ってこと。

 

 

 

もちろんお肌の乾燥具合によって化粧水の量を増やすといった使い方ができますが美白に関しては別。

 

美白成分のたくさん入った「Cセラム」や「QuSomeホワイトクリーム1.9」は少量でもしっかり浸透してくれます。

 

ですから多く使う必要はないんですよ。

 

 

 

 

製品の特徴を引き立てる使い方

 

ビーグレンホワイトケアの効果的な使い方【まとめ】

まずは「Cセラム」。

 

ビタミンCはシミの元である「メラニン」の生成を抑えてくれる働きがあります。

 

だからシミができにくいお肌になるように顔全体に使うようにしたいですね。

 

 

使い方のポイントは擦らずに「ハンドプレス」。

 

この方法だと「少量」で顔全体にCセラムをなじませることができて経済的。

 

しかも摩擦による色素沈着も防ぐことができます。

 

 

化粧水をしっかり染み込ませたあと、手にとったCセラムを両手に広げて両手で顔全体を包み込むにします。

 

そして擦るんじゃなくて手でCセラムをお肌に押し入れるようにハンドプレス。

 

ただしビタミンCは「皮脂の分泌を抑える作用」があるので乾燥しやすい目の周りは避けたほうが無難です。

 

 

そして「 QuSomeホワイトクリーム1.9」。

 

このクリームは「ハイドロキノン」が配合されています。

 

ハイドロキノンは美白成分の中でもダントツの美白力を誇る成分の一つ。

 

 

このハイドロキノンは紫外線に弱いんです。

 

ハイドロキノンを使用したまま紫外線にあたるとシミが悪化する可能性があるんですよ。

 

だから夜だけの使用が鉄則ですね。

 

 

「保湿」は最後に使う「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」がしてくれます。

 

「QuSomeホワイトクリーム1.9」はクリームですけど感覚的には「美白美容液」。

 

ですから保湿クリームのようにたっぷりつける必要はありません。

 

適量を顔全体にムラにならないようにしっかりと馴染ませてください。

 

 

 

ビーグレンのホワイトケアは効果的に使えるように計算された化粧品です。

 

ですからたくさん使うよりも「ビーグレンが提唱する使い方と量」に忠実に従って使っていくのが一番効果的で経済的ですよ。

 

 

 

 

このページの先頭へ